認定特定非営利活動法人ワンストップリーガルネット(通称ワンネットという)は、平成18年3月22日に設立されました。その目的は、「子どもや女性を含む地域住民、企業、団体及び在住外国人に対し、雇用問題や子どもをめぐる諸問題など広い分野において、総合的なリーガルサポート事業を行い、円滑な社会生活、地域活性化及び人権の確立に寄与すること」です。

具体的には、専門家集団を一同に集め(ワンストップ)、成年後見センター「みまもり処」を皮切りに、毎月一回(第二水曜日)に「暮らしの無料相談会」を行なっています。

開催当初は相談件数も少なかったのですが、回を重ねるごとにみなさまの周知を得、相談に対して丁寧に話を伺い一緒に解決方法を考える姿勢が受け入れられ、現在では一回の相談件数は30件近くにものぼります。

専門家としては、行政書士、税理士、司法書士、社会保険労務士、土地家屋調査士、弁理士、不動産鑑定士、中小企業診断士、キャリアコンサルタント、経営コンサルタント、県議会議員、九大名誉教授、行政OB、農業専門家等48人がこのワンネットを支えてくれています。公証役場の公証人が、相談会に毎回参加していただけるのは全国的にも稀有なことです。実際の相談内容は多岐にわたり、遺言・相続を筆頭に、不動産関連、離婚、税金問題、債権・債務問題、成年後見等があります。

最後になりますが、当法人は平成29年8月1日に福岡県から認定を受け「認定NPO法人」として新たな一歩を踏み出しました。これは全国に5万程度あるといわれるNPO法人のうち2%程度しか取得していないものであり、名誉なことである反面、これまで以上により一層の社会的貢献が求められる事に身の引き締まる思いです。今後もセミナーや勉強会等で研鑽を積み、少しでも社会の役に立てることを願っています。

認定特定非営利活動法人ワンストップリーガルネット
理事長 大内田 治男